参加者の皆様へ

埼玉透析医学会の役員、埼玉アクセス研究会世話人、司会・座長の方へ

演題の審査表を受付にてお受け取りください。審査後は受付へのご提出をお願いします。
(Web参加の場合はメールにてお送りいただきます)


司会・座長・コメンテーターの方へ

  1. ご担当セッションの開始予定時間20分前までには総合案内にて参加受付をお済ませください。
  2. セッション開始15分前には、会場担当者へ到着のご連絡を頂き次司会・次座長席へご着席ください。
  3. 限られた時間内で発表が円滑に進むよう、質問・討論を希望される参加者がいる場合は、司会者が指名し質問・討論が速やかに行われるようご指示ください。

演者の方へ

CIVID-19の感染対策として人と接触を極力回避するために、
事前に発表データをお送りいただきます。
提出期日は7月26日(火)AM までにお願いします。

メール送付先:埼玉アクセス研究会学術集会事務局
jinkojin@saitama-med.ac.jp

  1. 一般演題は発表7分、討論3分とさせていただきます。
  2. セッション開始15 分前までに次演者席にお着きください。
  3. 発表方法はデジタルプレゼンテーション(パソコン発表)のみとします。
  4. プレゼンテーションはwindows PowerPoint(データ作成のアプリケーションソフトはWindows PowerPoint2010/2013/2016 のバージョンが使用できます)での作成に限らせていただきます(MacのKeynoteでスライドを作成した場合は、スライドが正しく表示されない可能性があります)。
  5. Windows PowerPointにて作成したスライドは、スライドのサイズ設定を(4:3)に設定してください。
  6. 動画は利用できますが、音声出力は対応しておりません。
  7. スライドの枚数制限はありませんが、発表時間を厳守してください。
  8. 当日の発表時に利益相反についての情報開示をお願いいたします。 発表の最初か最後に利益相反自己申告に関するスライドを加えてください。 後述する「利益相反自己申告に関するスライド例」を参考にしてください。
    利益相反自己申告に関するスライド例(ppt)
  9. 閉会挨拶時にBestPresentationの表彰を行いますので、ご参加をお願いいたします。

発表について

演台にセットされているキーボード、マウスをご使用ください。会場では、演者ご自身で演台上の機材を操作していただきます。
お預かりしたデータの1枚目のページをオペレーターが出しますので2枚目からはご自身で送り・戻しの操作をお願いいたします(発表者ツールのご使用はできません)。